アトリエイノウエ

  • 最新情報
  • プロジェクト
  • 概要/プロフィール
  • ご依頼から竣工までの流れ
  • blog
  • お問い合わせ
2017.5.30

田園住居

田園住居地域とは。

Jsurpまちづくりカレッジ2017前期講座

新たな都市計画の潮流

第1回は

楢橋康英さまによる

「田園住居地域」の創設と今後の都市農地の展望」

 

みどりゆたかなまちづくりの6つの政策の下、

1992年以来、25年ぶりに用途地域が変わるそうです。

その名も

田園住居地域

 

住居系用途地域の一類型として

住宅と農地が混在し、両者が調和して良好な居住環境と営農環境を形成する地域を

目指されるそうです。

 

これにより、これまでの低層住居専用地域に建築可能だったものに加え、

農業用施設(農産物直売所、農家レストラン、自家販売用の加工所等)の建築が可能になるそうです。

 

人口が減少し、空き地や空き家が増える市街化区域において、

スラム化ではない良好な環境をゆっくりと育てていく仕組み。

第6次産業をつくる仕組み。

 

生産緑地の期限とは絡めず、独自に進められるそうです。

 

区画整理と耕地整理を同時に進めていく感覚。

 

区域全体を眺めながら、じっくりゆっくり進めていくために

コンサルティングが重要な役割になってきます。

 

施行は1年後の予定とのこと。

 

author:asuka  | コメント(0)

category: blog講演会

コメントをお願いします