アトリエイノウエ

  • 最新情報
  • プロジェクト
  • 概要/プロフィール
  • ご依頼から竣工までの流れ
  • blog
  • お問い合わせ
2017.5.29

団地のはなし

窓の数だけ、物語がある!

団地のはなし

彼女と団地の8つの物語。

 

同じ団地の、同じ間取りに暮らしていても、

家族構成、年齢、性別、生活サイクル、環境、心境によって

人の数だけ物語がある。

 

同じ「ワク」だからこそ、

各々の個性が浮彫になり、面白い。

 

外からみるダンチ、

中からみるダンチ。

 

私自身は、いわゆる「団地」ではないが、

幼少期、4階建て階段室型の社宅の4階に暮らしていた。

各家の玄関扉は大抵開け放されていて、

友人たちの家は自由に行き来していた。

社宅だから、父親の勤務先は皆同じで、

みなの生活サイクルも割と近かったのだろう。

 

夕方になると、ベランダから

「ごはんよ~」と母の声。

夕暮れ時、

「夕焼け小焼け」の音楽と共に、

呼ばれた子から次々とおうちに帰る風景。

 

「社宅」という特徴から、

人の入れ替わりは激しく、

引っ越しは日常茶飯事の出来事。

 

引っ越しの為に効率的な家具や暮らしの道具を揃えながら

お互いに立ちないことは補い合う、

もちつもたれつのお互いの関係。

 

雨が降ってきたら、「お隣さん」の洗濯物をとりこんであげたり、

子供のお迎えが厳しいとなったら、一緒にお迎えに行ってあげたり、

ごはんを一緒に食べたり、

社宅全体が一つの大きな家族のようだった。

 

「お隣さん」は、「うち」と同じ間取りなのに、

「匂い」が違う。

家具やカーテンが違う。

寝る場所や過ごす場所が違う。

なんだか不思議な感じだった。

 

子供の時のぼんやりとした記憶。

 

このぼんやりを言葉に表すと難しい。

 

言葉ではない、

団地にまつわる彼女たちの「くらし」「世界」が

詰まったお話。

 

男性目線の物語もぜひ読んでみたい。

author:asuka  | コメント(0)

category: blog

コメントをお願いします