アトリエイノウエ

  • 最新情報
  • プロジェクト
  • 概要/プロフィール
  • ご依頼から竣工までの流れ
  • blog
  • お問い合わせ
2017.2.11

車窓から久々に。

岐阜の故郷へ。

 

トンネルを抜けると・・・・・

 

 

銀世界!

 

真っ白に染まっています。

 

茶人、古田織部の故郷とされる、本巣市山口。

ご縁があり、茶道、織部流の先生宅へ伺いました。

(ありがとうございます!)

 

白く染まった築100年の御宅は、貫録たっぷりです。

 

初めて触れる織部流。

先生からご説明いただきました。

 

織部流は古田織部が確立した茶の湯。

武家の作法が取り入れられています。

 

袱紗は点前用と腰付用と別に2枚もち、

茶碗は茶碗台に置き、

茶巾は数枚使い・・・。

 

より清潔に、点前の手数も多く複雑です。

それだけに、拝見していてもとても楽しいです。

 

先生からお勧めいただき、

ご用意いただいたお道具をお借りして

薄茶の平点前をさせていただきました。

黒織部始め、素敵なお道具に緊張しつつ、

貴重な体験。

 

その後、先生に立礼のお点前をしていただきました。

葵のご紋をあしらわれた古い衣装箱(これがまた素敵!)を

御園棚のように扱ってのお点前。

 

織部流は、全国でもなさっている方が少なく、貴重な流派。

先生は、地元はもちろん、彦根城や、犬山城などの国宝、海外にいたるまで、

普及の活動をされています。

 

また、夜咄の茶事など、風流なお茶会も。

 

春にはみちの駅でイベントがあるそうで、

こちらはぜひ伺いたいところです。

 

 

身も心も満たされて、

 

 

 

古田織部の祖先 の 菩提寺、祐国寺へ。

 

写真展を拝見。

(ありがとうございます!)

 

「祈り」をテーマに

ふるさとから発信する日本全国の風景。

 

素晴らしいですね。

 

 

author:asuka  | コメント(0)

category: blog風景

コメントをお願いします