アトリエイノウエ

  • 最新情報
  • プロジェクト
  • 概要/プロフィール
  • ご依頼から竣工までの流れ
  • blog
  • お問い合わせ
2016.3.15

集住

160315-11

集住のかたちを学びに。

160315-10

建築会館

 

160315-12

「東日本大震災から5年

復興公営住宅における集住のかたち

ー研究者と実務者のクロストーク2ー」

 

研究者、実務者の各々の視点から

復興公営住宅について拝聴。

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

シンポジウムMEMO

 

・誰(何)のための建築か。

・自力再建と災害公営。

・防集。

・プレデザイン(設計前の条件整理)

・リスクの取り方

・アウェアネス

・土木との関係。公共とは何か。安全をどう見るか。

・平時の準備。

・発注力の不足。

・住民への教育。

・QCDS(クオリティ・コスト・デリバリー・スピード・セイフティ)

・人口減

・社会的資産

・行政マネジメント

・マクロな視点

author:asuka  | コメント(0)

category: blog集合住宅研究会

コメントをお願いします