アトリエイノウエ

  • 最新情報
  • プロジェクト
  • 概要/プロフィール
  • ご依頼から竣工までの流れ
  • blog
  • お問い合わせ
2015.3.7

スタイル

代田区明センター

世田谷都市デザインフォーラム2015

代田区民センターへ。

ユニバーサルデザインに関する活動と

風景に関する活動が

一同に会したフォーラム。

 

「出かけよう、あなた流のスタイルで」

をテーマに、

各視点で楽しいお話をお聴きしたり

みなさんと意見交換をしました。

 

UDスタイル

UD(=ユニバーサルデザイン)ワークショップで

1住民として関わらせていただいた

世田谷UDスタイル第1号も初お披露目☆

 

UDスタイル

とても見やすい内容になっていますので

せたっちくんを見かけたら、

ぜひお手に取ってみてください!

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

フォーラムMEMO

 

<1部>

■「まちあるきを楽しくするツール」~地図やカメラで路上から再発見するまち~

東京スチバチ学会 副会長 石川初氏)

・ツールとは、道具・工具・手段

・街を変えるよりも、街を見る自分を変える

・「時層写真」:自分だけの風景。時間の厚み

・街の風景への関与ーパーソナル・ランドスケープ

→いい風景とは?ひろがりひまわり計画・いただきますプロジェクト

・さまざまな地図ー古い地図・地形図

・地形図の作り方

・テーマを決めて歩くー高低差、地面の種類、時間、等

・ツールを持って歩くー2001年から毎日GPS受信機を持って生活している。

・地形スイーツータモリ倶楽部にて

・ネコログ/ヒトログ

・アナログとハイテクーGPS受信機は、アナログに触れないと動かない。人として歩かせるデジタル機器。受信できない地下を歩かなくなったり、受信できるよう空を見たり。

・自分が地図を描く

・便利なアプリ「東京時層地図」等。

 

■「誰もが気兼ねなく出かけられるための4つの視点」

NPO法人 Check 代表理事 金子健二氏)

 

・全国トイレマップアプリ「Check a Toilet」をつくり、全国約53,000箇所の車椅子用トイレを検索可能に。

・街をどのように見るか?

・車椅子での旅行で気にするポイント。ートイレ・移動手段・バリアフリー・食事対応

・4つの視点と情報の置き場所

 

<2部>区の取り組み紹介

■風景

「風景づくり」→昭和50年頃より、世田谷区では「景観」ではなく「風景」とし、活動している。

・8つの風景特性

①地形

②みどり&みず

③地域の歴史・文化

④住宅地

⑤農

⑥にぎわい

⑦みち

⑧鉄道

86箇所地域風景資産

・界隈づくり

 

 

■ユニバーサルデザイン

・啓発冊子「UDスタイル」の発行

 

■その他

・世田谷まちなか観光アプリ「世田谷ぷらっと

 

<3部>おすすめスポットについて~参加者による意見交換会~

・羽根木公園・砧公園ー公園と設えの関係

・松蔭神社ー時間のつながり

・緑道ー地域、距離のつながり

・等々力渓谷ー認識させる名前

・建物・公園・風景

 

author:asuka  | コメント(0)

コメントをお願いします