アトリエイノウエ

  • 最新情報
  • プロジェクト
  • 概要/プロフィール
  • ご依頼から竣工までの流れ
  • blog
  • お問い合わせ
2015.2.4

実践

150224-1

大塚商会さんの

実践ソリューションフェア2015」に伺いました。150224-2

ザ・プリンス パークタワー東京にて。

 

フェア

漫画家、弘兼憲史さんによるセミナー

「社長 島耕作から見た日本の未来とリーダー像」

にて、

島耕作シリーズにも表現されているリーダー像をお聴きし、

 

フェアにて、最新の情報を見せていただきました。

あらゆるところにあらゆる可能性があるのですね。

日々精進です。

 

そして、

 

桜井博志さんによるセミナー

「ピンチはチャンス!~山口の山奥の小さな酒造だからこそできたもの~」

にて、

美味しい日本酒、獺祭ができる過程と思いをお聴きしました。

 

東京タワー

今年も、充実したフェアでした。

 

ありがとうございました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

セミナー メモ

 

■漫画家 弘兼憲史氏

「社長 島耕作から見た日本の未来とリーダー像」

 

□リーダーとは

【国】

・情熱・責任感・判断力

・国民に負担をかけることを堂々と言えること。

・国民が国のためになることを考えさせられること。

・「歴史は後から正論を発見する」

 

【中小企業】

・尊敬されること

・嘘をつかないこと

・約束(納期)を守ること

・皆の意見を聞くこと

・部下を育てる(反発力又はもちあげる。その人による)

・できないことをできるようにするよりは、できることを伸ばす教育の必要性。

・長期的には「のびのび」(長嶋さんや原さん)、短期的には「管理」(野村さんや広岡さん)

・人の話を聞く

「やってみなはれ」(サントリー佐治氏)

「気になら大丈夫。きっとできる」(旧松下電工 松下幸之助氏)

「君はどう思うんや」(旧松下電工 上司)

 

【大企業】

・オーナー社長(ソフトバンク孫氏・ユニクロ柳井氏等)とサラリーマン社長(ローソン新浪氏等)に分けられる。

●孫氏

・既存のルールを打破

・経営は攻撃的

・部下から慕われている雰囲気

・重要なことは自分で行うが、細かいことは部下に任せる。

・財界の上位に好かれている

 

●柳井氏

・人に頼らず、自分で切り開く

・正しいと思うことは、誤解を恐れず発言する

・社員はピリピリ。恐れられている

・大勝負に出る

 

●新浪氏

・豪腕

・教鞭

・プラス志向

・負けず嫌い

・正解の上位に好かれている

 

●3人の共通点

・負けず嫌い

・明確なビジョン

・プラス志向

・ゴルフ好き

 

●サラリーマン社長の特徴

・冒険できない。

・社員を守る責任がある。

・周囲の意見を聞いてトップダウンする

 

●会長・島耕作から見るこれからの日本

・農業・漁業を活性化し、日本が自立できるように。

・ネクタイのないサラリーマンとして、安心して働けるように。

 

 

 

旭酒造 桜井博志氏

「ピンチはチャンス!~山口の山奥の小さな酒造だからこそできたもの~」

 

・業界が40年で売上1/3になり、高度経済成長が終焉を迎えた頃、旭酒造も売上が1/3となったが、桜井氏が後を継いでから30年で、数量16倍、金額40倍となった。

 

●結果を出せた理由

・山奥の過疎地だから

・県内で米が入らず

・杜氏(とうじ)が優れていなかったから

・杜氏にFA宣言されたから

 

●失敗の理由

・過去10年間売れなかった商品を売れなかった取引先を通して売れなかったお客に一生懸命売る努力をしていた

→宅急便の出現、コピー・ワープロの低価格化(自前で情報発信)

マーケットの主役がクロートからシロートへ。(ディスカウントストア等の拡大)

→大量販売の論理から、お客様の幸せ志向商品に。

ほろ酔いで楽しんでいただけるような。「獺祭」

 

●四季醸造体制の確立

・一番良い状態のお酒をお客様に

・販売の増減にも柔軟に対応。

・4ヶ月先を予想すれば良くなった

・ルーティンで良い酒が出来るような仕組みに

・既存の市場にこだわらない。

→売れる酒屋にだけ販売。メーカー主導型の製販同盟。

マーケットの中心を攻める。(東京、そして世界へ)

 

●世界の中で日本の文化的ポジションを造る

・酒を造ることで、農業の活性化へ。

・山田錦60万俵を目指して

 

●伝統であるがゆえに

・日本酒は日本の歴史と文化により洗練された素晴らしい酒であるが故に細部の手法とその練磨にのみこだわる日本的弱点を持つ

・伝統の「手法」という考え方は弱点に通じる

・本当は、日本に伝統の手法などない。

・結果を出さなければ手法を変えるべき。

 

author:asuka  | コメント(0)

category: blog講演会

コメントをお願いします