アトリエイノウエ

  • 最新情報
  • プロジェクト
  • 概要/プロフィール
  • ご依頼から竣工までの流れ
  • blog
  • お問い合わせ
2014.12.5

「いえ 団地 まち」

141205-10-3

いえ 団地 まち

第327回集合住宅研究会に伺いました。

副題は

「公団住宅 設計計画史」で、

編集著作者は木下庸子さんと、植田実さん

著者のお一人、木下庸子さんに

著書についてのご講演をいただきました。

 

視察された130の公団団地の中から、

木下さんの視点で興味を惹かれた

55団地が選ばれています。

 

今回は、そのうち、さらに厳選され、

2団地ずつペアにされた

10ペアを

木下さんの視点でご紹介いただきました。

 

会場には、選ばれた団地を設計された方や、

建て替えられた団地や

改修された団地に携わられた方もいらっしゃり、

大変充実した場となりました。

 

講演をいただいた後は、

木下さんもご参加いただき、

忘年会。

 

今年もお世話になり、ありがとうございました。

 

来年もよろしくお願いいたします。

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

講演会メモ

 

本日ご紹介いただいた10ペア団地

 

【1】標準設計の成熟

⑬「米本団地」

㉘「金杉台団地」

 

【2】直載な南面配置の充足

⑤「草加松原団地」

㉑「上野台団地」

 

【3】地形を読んだ団地構成

⑫「赤羽台団地」

⑧「高根台団地」

 

【4】小さな場所

㊱「石神井公園団地」

㊺「市川中川団地」

 

【5】面開発の冒険

⑰「大島四丁目団地」

⑥「豊島五丁目団地」

 

【6】大住棟構成の試行錯誤

⑭「北砂五丁目団地」

㉖「奈良北団地」

 

【7】防音壁としての住棟

⑱「川口芝園団地」

㉜「港北六丁目団地」

 

【8】小さく魅力的なまちなみ

54「タウンハウス諏訪」

52「木場公園三好住宅」

 

【9】集まって住む形のはじまり

㊷「阿佐ヶ谷住宅」

53「烏山住宅」

 

【10】新たな生活空間への取り組み

㉞「晴海団地」

㉔「東雲キャナルコートCODAN」

author:asuka  | コメント(0)

category: blog

コメントをお願いします