アトリエイノウエ

  • 最新情報
  • プロジェクト
  • 概要/プロフィール
  • ご依頼から竣工までの流れ
  • blog
  • お問い合わせ
2014.9.2

視覚化

グラフィソフト

ArchiCAD18発表会に伺いました。

KITTE

久々の青空。

KITTEにて。

 

グラフィソフト

BIMをめぐる各視点。

 

東京電力 児玉さまより

「クライアントから見たBIM」として

福島給食センター建設プロジェクト」についてのお話を伺いました。

 

2011年3月11日より現在に至る、

震災復旧対応をされている皆様の状況を踏まえての

前田建設工業さんがBIMを通して実現された設計・施工成果。

 

復旧活動を円滑に進めるには、

復旧活動を進める方々の生活、労働環境を整える必要がある。

その一つとして、「食」、給食を整える。

東京五輪を前に、スピード感あるプロジェクト。

これを実現できたのは、BIMによる力が大きい。

 

あいにく午後の部をお聞きできなかったのですが、

BIMの必要性について改めて認識させていただきました。

 

益々精進させていただきます。

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

MEMO

 

■クライアントから見たBIM

・発注者(BIM)が責任を果たすために必要な手段

・「設計図書」としてBIMモデルを扱う。(映画のDVDとパンフレットのような関係)→二次元や限定的なBIMモデルでは勿体ない。

・誰とBIMを構築するのか。(設計、施工者、設備サブコン、発注者)

 

■LCCの視点

 

■リスク管理

 

■BIMが変えてしまうもの

・技術営業力

・受注者も発注者を選別できる可能性

・選別化 持つものと持たぬものの差

author:asuka  | コメント(0)

コメントをお願いします