アトリエイノウエ

  • 最新情報
  • プロジェクト
  • 概要/プロフィール
  • ご依頼から竣工までの流れ
  • blog
  • お問い合わせ
2014.5.17

周回

飛行機雲

晴天~☆

八幡山をぐるっとお散歩しました。

上北沢・八幡山ぐるっと周回ルート

「上北沢・八幡山ぐるっと周回ルート」

八幡山駅からスタートして

八幡山駅に戻る、

周回コース。

1周2.124m。

 

世田谷区烏山総合支所健康づくり課

烏山地域健康づくり行動計画(ホップ・ステップ健康烏山大作戦)」のうち

「ちとから健康ウォーク」の一環。

 

烏山ネット・わぁ~く・ショップ

参加させていただきました。

 

最初は車椅子に乗らせていただき、

押していただきました。

 

千歳烏山駅

見慣れたえるも~る商店街の風景も

視線が下がり、違って見えます。

 

自転車のハンドルが目線にあり、

更にスピード感も増して怖いです。

 

以前に、祖母が初めて車椅子を体験した時に、

「怖い」

と言っていたのが良く分かります。

押していただく場合、

前や横に知人がいないと、

おしゃべりしていないと、

自分の意思なしに前に進んでいくことに

恐怖を覚えます。

 

また、車椅子の種類にもよるとのことですが、

舗装の段差が直に座面に伝わり、

畝っているアスファルトなどでは、

酔ってしまいそうな程でした。

 

ホーム

駅のホーム。

千歳烏山駅はバリアフリー改修がされ、

非常に便が良いですが、

幅が狭いのは少し怖いですね。

 

電車の乗り降りは、介助があれば、

難なくできました。

日常利用されている方にお聞きすると、

ホームとの隙間の大きい下高井戸駅なども、

介助があれば、駅員さんにスロープを持ってきていただかなくても

大丈夫だそうです。

 

降車した八幡山駅は、高架なので、

エレベーターを利用。

 

乗降客も、皆さん親切で、

体験させていただいているのが申し訳ないくらいでした。

このご恩は、

日常の行動でお返しできたらと思います。

 

車椅子

「上北沢・八幡山ぐるっと周回ルート」

スタート。

 

車椅子を押す体験もさせていただきました。

こういった少しの段差を超えるのにも

コツがいります。

 

八幡山

八幡山近辺には良く訪れるのに、

このルートを歩くのは初めて☆

京王線内から良く見える、

都立松沢病院が建て替えられたのは知っていましたが、

周囲にこんなに気持ちのよいお散歩ルートがあったとは!

 

車椅子利用者も、ランナーも、自転車も、

楽にすれ違える広い歩道。

(一部拡幅工事中ですが。。)

 

八幡山区民集会所の向かいを通りながら。。。

 

八幡山

松沢けやき公園

既存樹木を残しつつ?なのでしょうか。

楽しい通路にしつつ、

歩行感に考慮されています。

向かいには大宅壮一文庫があります。

 

松沢けやき公園

ちょっとした発見も楽しい☆

 

上北沢地区会館」「松沢公園」を通り、

 

将軍池公園

将軍池公園

 

将軍池

将軍池

元来、精神科の専門病院だった都立松沢病院の

広大な敷地内にあるこちら。

大正10年から15年にかけて患者さんの作業療法の一環として

造られた池なのだそうです。

今では自然の池に見えますが、

元々は人工的な池だったのですね~。

新緑が綺麗です。

 

将軍池公園

健康遊具や災害用マンホールトイレ、

災害用収納スペースもあるそうです。

こちらは、どちらかというと、高齢者向けの公園。

 

少し行った

上北沢公園

は、児童向けの公園なのだそうです。

 

 

 

ふれあいのいえ

上北沢ふれあいの家」。

こういったちょっとした立ち寄り施設が点在しています。

 

ちょこちょこ立ち寄っているうちに、

あっという間に1周。2.124m。

途中から、初めて、

視覚障害をお持ちの方のガイド体験をさせていただきましたが、

私の通常歩行速度よりも速くて、びっくり。

(というより、私がいつも遅すぎるのですが。。。)

 

歩行速度にも、個人差があるのですよね。

 

そんな当たり前のことに、

緊張感と先入観で気づかなくなってしまっていることに

気づき、反省。

 

また、介助やガイドの体験をさせていただくと、

普段気にしていない

周囲の安全や段差に気を配るようになり、

様々な発見がありました。

 

 

様々な体験をさせていただきながらの

上北沢・八幡山ぐるっとウォーク、

堪能させていただきました。

 

今度は、RUNでも訪れてみたいと思います!

 

お世話になった皆様、

今回も、貴重な体験を、ありがとうございました。

author:asuka  | コメント(0)

コメントをお願いします