アトリエイノウエ

  • 最新情報
  • プロジェクト
  • 概要/プロフィール
  • ご依頼から竣工までの流れ
  • blog
  • お問い合わせ
2013.12.30

永遠

永遠の0

永遠の0」を観ました。

 

百田尚樹さんの原作を読んだのは、4年前。

一気に読み終えて後、目にする現代の景色が、

とても違って見えたのを鮮明に覚えています。

 

映画化を知り、早速行ってきました。

 

(以下、ネタバレ入ります)

 

現代の若者が、祖母の死をきっかけに追求していくこととなる、

実の祖父、宮部久蔵の過去。

 

今では当たり前のことを、当たり前に出来なかった戦時中。

 

「生きたいんです」

 

妻子のために、若者の将来のために、日本の将来のために、

当時では許されなかったこの思いを貫き、

零戦パイロットの腕を磨き続けた宮部。

 

宮部の思いとは裏腹に、戦況はどんどん悪化。

教え子たちは、自分の目の前で次々と命を落としていく。

 

そして、

自ら、特攻隊を志願。

 

最後、生き残る可能性があったのに、何故あのような選択をしたのか。。。

 

 

小説と同様、現代と過去のパートが淡々と進んでいきます。

 

激動の戦時中にありながら常に冷静で穏やかな宮部に対し、

平和な現代に生きる孫、健太郎が、宮部の過去を知るに連れ、感情顕になっていくのが、

とても印象的でした。

 

私たちは、一生懸命に生きてきた、先人たちのおかげで、平和に暮らすことができているのですね。

 

先人たちに恥じないよう、一生懸命に生きなければ、と強く感じました。

author:asuka  | コメント(0)

category: blog映画

コメントをお願いします