アトリエイノウエ

  • 最新情報
  • プロジェクト
  • 概要/プロフィール
  • ご依頼から竣工までの流れ
  • blog
  • お問い合わせ
2013.11.9

流動的に

成瀬記念講堂

母校の講堂で、

妹島和世さんのお話を拝聴しました。

 

成瀬記念講堂

日本女子大学目白キャンパス 成瀬記念講堂にて

住居学科の先輩で、客員教授でいらっしゃる、

建築家、妹島和世さんのお話を拝聴しました。

 

テーマは

「環境と建築」。

 

成瀬記念講堂

代々の卒業生を送り出した、

今も変わらない講堂。

 

トップライトから注ぐ光が

木骨トラスに反射する神秘的な空間の中で、

妹島さんが手がけられた世界中の建築が、

一層輝いて見えました。

 

貴重なお話をありがとうございました。

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

講演会メモ

 

閉じる箱、開く箱。

透明感、重ねる。

バラバラにつなげていく、自分の動きに合わせて、流動的に。

アートで展示室が展示される。

市民とのつながり。

集まり方によってカタチが変わる。

戸建の集合ではなく、1単位の増幅ではなく。

利用する人らしく。

小さい地域では、自分の位置関係がわかる、自然に小さなもので構成される。

変わりすぎない、段階的に。

風景と一緒にみる。

形態的でなく、経験的なカーブ。

時間ごとにみせる。時間がつながり、自分につながり、まちへ。

壁に展示しない。

環境。時間的な積み重ね、場所ごとの個性。内外の連続。

author:asuka  | コメント(0)

category: blog講演会

コメントをお願いします