アトリエイノウエ

  • 最新情報
  • プロジェクト
  • 概要/プロフィール
  • ご依頼から竣工までの流れ
  • blog
  • お問い合わせ
2013.9.29

秋色

茶道会館

秋のお茶会☆

茶道会館

茶道会館

 

昭和25年に初代理事長・北見宗国氏により、

広間、小間、立礼席など各々違ったお茶席が一棟の中に総合的に造られた、

平屋建ての数寄屋造り。

 

戦後の荒廃した精神的に不安定な状況の中で、心の落ち着きを見出そうと、

日本古来からの伝統ある文化、誰でも身につけることのできる茶道を広く普及し、

復興に役立てたいという理想の下、建設されたそうです。

 

 

茶道会館

受付横の「明々軒」で大学生による立礼席。

海外の材を使われた花入、

大学で造られたというお茶碗、

ガラス作家の作品を見立てた薄器、

世界遺産の富士山をイメージした、富士釜や、富士の絵の入った楽茶碗…

とても楽しいお席でした。

 

山里

「山里」さんとあります。

茶懐石の道場としても使われているそうです。

 

「山里」で濃茶席、

「市松の間」で薄茶席。

今年遷宮を迎えた伊勢神宮の残材を使われた香合など、

季節感、時節感溢れる素敵なお席でした。

 

茶道会館

秋風に揺れる緑が心地よいです。

 

茶道会館

点心は、山里さんより。

 

点心

美味しくいただきました。

 

久々のお着物は、着付けに手間どってしまいましたが、

やはりいいものですね~。

 

秋、文化祭シーズン。

 

お着物の出番も増えそうで楽しみです☆

author:asuka  | コメント(0)

category: blog裏千家

コメントをお願いします