アトリエイノウエ

  • 最新情報
  • プロジェクト
  • 概要/プロフィール
  • ご依頼から竣工までの流れ
  • blog
  • お問い合わせ
2013.9.28

あめつちのうた

しるくらぶ

現代数寄屋で魂の歌声&ダンス

赤鳥居

沼袋駅から徒歩3分。

赤鳥居をくぐると…

 

しるくらぶ

しっとりとした構えが。

 

しるくらぶ

シルクラブさん。

 

こちら、中野山田屋呉服店の三代目、西村重博氏が

「着物のお誂えのための空間」として、1998年に完成。

設計は、佐藤明氏、施工は水沢工務店の、

洗練された現代数寄屋の空間。

着物の他、国内外の染織作品、造形品などの展示会が年間を通じて開催されており、

またその魅力的な空間を活かして、コンサートやお芝居などの公園も行われているそうです。

(以上、パンフレットより)

 

あめつちのうた

あめつちのうたin東京

 

淡路島を拠点に、独自の音世界を紡ぐ、ユライさんと、

京都を拠点に、大地・宇宙とつながる踊りを探求するダンサー、林夏木さんによる

東京での初饗宴。

 

それぞれの息子さんも饗宴され、

息もぴったり。

 

美しい音、歌、ダンスが、

現代数寄屋に溶け込み、

全身をやわらかく包み込んでくれました。

 

「あめつち」とは、「天」と「地」を示すそうですが、

まさに!

先週訪れた瀬戸内の青い海、豊かな緑、大地が

蘇ってきました。

 

 

夢のような時をありがとうございました☆

author:asuka  | コメント(0)

category: blogその他

コメントをお願いします