アトリエイノウエ

  • 最新情報
  • プロジェクト
  • 概要/プロフィール
  • ご依頼から竣工までの流れ
  • blog
  • お問い合わせ
2013.7.14

洋館

旧前田侯爵邸洋館

佇む洋館。

駒場公園

駒場公園東門。

 

旧前田侯爵邸洋館

旧前田侯爵家駒場本邸(洋館)

 

旧加賀百万石前田家の第16代当主、

前田利為の本邸として、昭和4年(1929年)に建てられた、

チューダー様式の建築。

当時、東京帝国大学教授であった、塚本靖氏と、

宮内省の担当技師であった高橋貞太郎氏による設計。

 

現在は、東京都指定有形文化財(建造物)ですが、

今年の5月17日に、国の重要文化財として指定されることが決まったそうです。

 

玄関

玄関。

広間

玄関正面の広間。

 

右手のサロンでお茶を頂いた後、

館内を係りの方に案内していただきました。

 

階段

ドラマなどの撮影にもよく使われるという当館。

この階段は、「華麗なる一族」というドラマで、

木村拓哉さんが使われていたとか。

 

開口部から差し込む光が綺麗に映るよう、

手摺に柔らかな曲線が使われているそうです。

 

小客室と大客室

小客室(写真奥)から大客室へ。

天井の細工等、大客室の方が立派な仕様になっています。

 

小食堂から大客室へ

小食堂から大食堂、大客室へ臨む。

突き当たりの大客室にはピアノが置いてあり、

現在、リサイタルなどに使われているそうです。

 

大食堂

大食堂の暖炉。

 

アンモナイト

東向きにある開口はR型で、ガラスも内側にカットされており、

虹色の光が差し込むそうです。

これは大理石の窓台。

アンモナイトの化石が4箇所あるそうで、

これはそのうちのひとつ。

写真でわかるでしょうか…?

 

小食堂

小食堂。

右手にある鏡は、サービス係が、大食堂を鏡越しに見るための工夫。

直接見ることはスマートではないのですね

 

左手の扉は、地下厨房からのダムベーター。

 

和館へ

正面奥に和館が。

お客様はお庭からアプローチ。

 

階段

階段。

 

洋館

外壁。

 

女中室

女中室。

 

一度外へ出て、和館へ…

→「和館」へつづく。

author:asuka  | コメント(0)

category: blog建築

コメントをお願いします