アトリエイノウエ

  • 最新情報
  • プロジェクト
  • 概要/プロフィール
  • ご依頼から竣工までの流れ
  • blog
  • お問い合わせ
2013.7.14

民芸

日本民藝館

美の生活化。

日本民藝館

駒場東大前駅を超え、住宅街を北上。

 

日本民藝館

どっしりとした佇まい。

日本民藝館」。

 

西館

西館。旧柳宗悦邸。

 

日本民藝館

正面玄関。

 

 

日本民藝館

「民藝」という新しい美の概念の普及と

「美の生活化」を目指す、民藝運動の本拠として、

思想家の柳宗悦氏により企画され、

1936年に開設されたそうです。

本館の建物及び長屋門は登録有形文化財。

 

日本民藝館

本館の建物は、西館の石屋根長屋門に意匠を合わせ、

 

細部

細部まで柳宗悦氏が設計されたそうです。

 

 

日本民藝館

常設展示と合わせ、

「つきしまかるかや」展が開催されていました。

 

展示物の説明書きはほとんどありません。

これは、知識で物を見るのではなく、

直感で見ることが何よりも肝要であるという、

柳宗悦の見識によるものだそうです。

 

日本民藝館

大展示室前の大きな開口。

 

日本民藝館

本館の間。

 

柳宗悦の審美眼によって選ばれた

古今東西の諸工芸品。

 

いわゆる「美術品」とはまた違い、

どこか愛嬌がある、

身近に感じる作品たちでした。

 

8月27日からは、

特別展「柳宗理の見てきたもの」が開催されるそうで、

こちらもとても楽しみです。

 

日本民藝館

裏道を抜けて…

 

朝顔

朝顔を見上げながら…

 

次なる目的地へ。

→「洋館」へつづく。

author:asuka  | コメント(0)

category: blog展覧会

コメントをお願いします