アトリエイノウエ

  • 最新情報
  • プロジェクト
  • 概要/プロフィール
  • ご依頼から竣工までの流れ
  • blog
  • お問い合わせ
2013.7.14

モーニングクルーズ

モーニングクルーズ

蔦屋の駐車場がゴージャスに☆

 

 

さるすべり

百日紅が真っ赤に輝いています。

今日も暑そうですね~☆

 

蔦屋書店

代官山蔦屋。

朝8時!に伺いました。

 

こちら、7時から開いていて、

朝活している人々で活用されているとはお聞きしていましたが、

土曜日のこの時間に店内の椅子が満席なのにびっくり!

 

目的は。。こちら。

 

モーニングクルーズ

第9回モーニングクルーズ

知人にお誘いいただき、伺いました。

(ありがとうございます!)

 

代官山蔦屋さんの駐車場に、

朝7:00~9:00まで、

クルマ好きな方々のゴージャスな車たちが。

今回のテーマは、

『アメリカ車:(1979年までの製造でノーマル仕様のもの)』

なのだそうです。

 

モーニングクルーズ

 

 

私自身は、クルマのことは詳しくないのですが、

見たことのない格好良いクルマたちを見ているだけで

テンションが上がりました。

 

モーニングクルーズ

 

早起きしてきて良かった~☆

毎月第2土曜日に開催されているそうです。

また伺いたいと思います。

 

せっかくなので…

IVY CAFE

IVY PLACE」さんへ。

すでに店内はいっぱい。

50分待ち!とのことで、予約して、

本屋さんへ。

 

本屋さんで、

見るだけ…というのは、

私にはやはり無理のようです。

 

誘惑に負け、

この後の行動を考えず、衝動買いハードカバーで4冊!。

 

お呼び出しがかかり、

IVY PLACEさんへ。

 

パンケーキ

朝からたっぷりいただき、満腹です☆

 

これだけゆっくりしてもまだ11時。

 

次なる目的地へ。。。

(しかし、本が、重い。。。(ーー;))

→「天空庭園」へつづく。

author:asuka  | コメント(2)

category: blog渋谷

コメント

  1. 白井順二
    2013.7.16 16:36

    古いクルマ達は、最近のクルマと違って作り手の意思や情熱がストレートに形になっているところが魅力ですね。今のクルマはユーザーのニーズに合わせるとか、今の売れ筋は何か、とか大向こうばっかり気にしていて、無理矢理格好付けをするのでいじけて見えてしまうところが、若い人のクルマ離れの一因でもあるのかなと思います。ものに共感を覚えるという、人間本来の欲求に訴えかける力は、古いクルマの方が遙かに強いです。たぶん人間はその文明の発展過程で、ものづくりがその中心的な役割を演じてきたという背景があるので、どんなに馬力が強くても、かっこよく見えても、その裏にある嘘っぽさを敏感に感じてしまうのではないかと思います。古いクルマを愛でるということは、単に失われた郷愁へのなぐさみとするのではなくて、そこから大切なものを見つけ出したいという潜在的な願望の表れではないでしょうか。
    東京デザインセンター(五反田)の船曳こうこ社長は、デザインの本質を取り戻す政策を教育や政治に反映したいと、今回みんなの党から参議院に出ました。よろしければ応援してあげてください。

  2. asuka
    2013.7.16 16:43

    >白井さん
    早速のコメントをありがとうございます!
    確かに。。。古いクルマたちには、クルマのこと分からない私にも、魅力を感じさせてくれる何かがありますね。
    そこから大切なものを見つけ出したいという潜在的な願望の表れ→これは、すべてに通じそうですね!
    こういった本質を取り戻すことも政治家に求めていかなければならないですね。

コメントをお願いします