アトリエイノウエ

  • 最新情報
  • プロジェクト
  • 概要/プロフィール
  • ご依頼から竣工までの流れ
  • blog
  • お問い合わせ
2013.6.27

まんだら

130627

集合住宅研究会の自主研究会にて、

学識者と実務者の意見交換会に出席させていただきました。

東日本大震災では、

津波により、広範囲、難地域において

甚大な被害を及ぼしてしまいました。

 

各行政、土木、都市計画、建築、建設…と

各者、精一杯の活動をされていると思います。

 

しかしながら、なかなか目に見えてくるところが

厳しいところもありそうです。

 

私たち日本人は、

かつての高度成長時において、

経済発展のために、

分業による効率化を図ってきました。

 

それによる、ある種の歪が、

3.11で浮き彫りになってしまいました。

 

良質な住まいをつくるには、

戦前の同潤会や、

日本住宅公団の団地をはじめとする昭和30年代の思想や社会にまで

遡らなければならないかもしれません。

 

とはいえ、

復興計画は着々と進んでいます。

 

これからできることを、できることから

進めていけたらと思います。

 

こうして、ひとりひとりが、自分自身で問題意識を持つことが、

何よりも必要なことではないかと、私は思っています。

 

貴重な場を、ありがとうございました。

author:asuka  | コメント(0)

category: blog集合住宅研究会

コメントをお願いします