アトリエイノウエ

  • 最新情報
  • プロジェクト
  • 概要/プロフィール
  • ご依頼から竣工までの流れ
  • blog
  • お問い合わせ
2013.6.22

投影

漱石の美術世界展

漱石小説の美術品が目の前に☆

東京藝術大学大学美術館

東京藝術大学大学美術館にて。

夏目漱石の美術世界展」。

 

橋口五葉

橋口五葉氏による

吾輩ハ猫デアル」画稿。(1905年)

氏の装幀デビュー作。

 

レディ・リリス

ダンテ・ガブリエル・ロセッティによる

「レディ・リリス」(1867年)

「幻影の盾」などで度々強調される魅惑的な髪のイメージ。

 

夏目漱石

夏目漱石による

「青しょう紅花図」(1915年):右

「山下穏柄図」(1915年):左。

漱石自らが描いた絵。

「草枕」や「永日小品」や漢詩作品で

漱石が憧れ続けていた桃源郷?

 

ゆきぞら

佐野一星による

ゆきぞら」(1912年)

漱石は「文展と芸術」で

「次の室の一番初めにには二枚折りの屏風があった。其屏風はべた一面枝だらけで、枝は又ベタ一面鳥だらけであった。夫が面白かった。」と批評されています。

 

装幀

橋口五葉氏装幀

草合」(1908年)

立体的な装幀。

 

漱石の作品に出てくる「美術」の世界、

漱石自身が手がけた「美術」、

漱石をとりまく「美術」。

 

実物を目の当たりにしてから読む小説は、

また深みが増してきそうです。

author:asuka  | コメント(0)

category: blog展覧会

コメントをお願いします