アトリエイノウエ

  • 最新情報
  • プロジェクト
  • 概要/プロフィール
  • ご依頼から竣工までの流れ
  • blog
  • お問い合わせ
2013.6.1

カリフォルニア

130601-2

カリフォルニアの風を感じに…☆

130601-1-2

国立新美術館へ。

 

 

130601-1

 

カリフォルニア・デザイン 1930-1965 -モダン・リヴィングの起源-

 

 

カリフォルニア、

というこの地域ならではの、大胆かつ実験的なデザイン活動。

第二次世界大戦後、軍事目的で開発された素材や技術の新たな

利用手段が模索されたそうです。

 

その最たるものが、

チャールズ&レイ・イームズが行った成型合板の活用。

先日観た映画「ふたりのイームズ」でも出ていた

「添え木」の実物を目の前にしたとき、

その存在感に震えました。

何と機能的で、かつ、美しいことか!

 

家具、ファッション、陶芸、建築、等々、

どれも、開放的で、鮮烈な色彩。

 

短期間で増えた人口による需要に対する供給方法、

物不足の中での創意工夫。

 

映像で映し出されたアーティストたちの

自信に満ちあふれたコメント。

 

世界を動かす源を強く感じました。

 

 

盛りだくさんの展示の後、

130601-3

円錐の上へ…

 

130601-4

今回は時間の都合上見れませんでしたが、

同時開催されていた

「フランス国立クリュニー中世美術館所蔵
貴婦人と一角獣展」

の企画メニューをいただきながら

カリフォルニア(?)の余韻を楽しませていただきました。

 

 

author:asuka  | コメント(0)

category: blog展覧会

コメントをお願いします