アトリエイノウエ

  • 最新情報
  • プロジェクト
  • 概要/プロフィール
  • ご依頼から竣工までの流れ
  • blog
  • お問い合わせ
2013.3.30

百年

寺山修司展

桜咲く世田谷文学館☆

帰ってきた寺山修司展」に伺いました。

 

帰ってきた寺山修司展

百年たったら

帰っておいで

百年たてば

その意味わかる

 

世田谷文学館

文学館から眺めるお庭も春色です☆

 

寺山氏の人生に合わせて、

書かれた直筆の俳句、短歌、手紙、原稿…

 

中でも、親しい方に宛てた手紙が、生々しく人間味溢れており、

包み隠さない本音の言葉が綴られていました。

 

47歳という短い生涯、

誰よりも密度の濃い人生を送られたのでは、と

かつての妻、九條今日子さんが述べられていました。

 

いえ

atelier Hachiさんにいただいたお家のクッキーをいただきながら

久々に寺山修司さんの「家出のすすめ」を読みました。

 

現代でも色褪せず、

いろいろな意味で、

「一歩」を踏み出したくなる一冊ですね。

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

「懐かしのわが家」

昭和10年12月10日に

ぼくは不完全な死体として生まれ

何十年かかかって

完全な死体となるのである。

そのときが来たら

ぼくは思いあたるだろう

青森市浦町字橋本の

小さな陽あたりのいい家の庭で

外に向って育ちすぎた桜の木が

内部から成長をはじめるときが来たことを

 

子供の頃、ぼくは

汽車の口真似が上手かった

ぼくは

世界の涯てが

自分自身の夢のなかにしかないことを

知っていたのだ

 

~初出「朝日新聞」1982年9月1日~

author:asuka  | コメント(0)

category: blog展覧会

コメントをお願いします