アトリエイノウエ

  • 最新情報
  • プロジェクト
  • 概要/プロフィール
  • ご依頼から竣工までの流れ
  • blog
  • お問い合わせ
2013.2.2

人権

130202-1

世田谷区 「ユニバーサルデザインフォーラム2013」へ伺いました。

130202-2

玉川区民会館にて。

世田谷区のユニバーサルデザインに関する2012年度の総まとめの会です。

 

「UD発見ゲーム」

会場周辺で建物や街中のUDを探しました。

130202-3

等々力駅方面へ。

歩道としては若干狭いですが、誘導ブロックが敷設されています。

 

130202-4

等々力駅の券売機。

手荷物を置く台、画面の高さ、角度、投入口に工夫が見られます。

 

130202-5

等々力駅改札。

プラットフォームまで、スロープが併設されており、

スロープ側の改札は幅が広く、車椅子でも利用できるようになっています。

長さを変えることにより、改札をなるべく多くとる工夫がされています。

 

130202-6

バス停脇にベンチ。

 

130202-7

歩道の切り下げと車止め。

 

130202-8

段差の少ない歩道と車道の境界。

敷設された誘導ブロック。

 

130202-9

成城石井とケヤキ。

 

130202-10

ケヤキ脇に設けられたベンチ。

 

130202-11

等々力渓谷入口。

等々力渓谷をユニバーサルデザイン化してほしいという要望があるそうです。

エレベーターをつけるか、アクセスできるところを限定するか。。

どの程度まで対応するかで、方法も変わりそうですが、

是非とも実現してほしいですね。

 

130202-12

等々力渓谷入口の向かいにある公園。

こうしたちょっとした場所が嬉しいですね☆

 

130202-13

玉川区民会館内にある世田谷区の交付機。

角度、高さ、貨幣の投入口等に工夫が見られます。

最近は、窓口へ行かなくても、このような機械で住民票等が手に入れられるようになり、便利になりましたね。

 

130202-14

自動販売機の貨幣投入口。

広くされているので、指先が不自由な時や、急いでいる時などにも便利です。

 

130202-15

自動販売機のボタン。

高いボタンが届かなくても大丈夫です。

 

130202-16

廊下の2段手摺。端部も処理されています。

 

ひと周りしたので、会場へ。

 

130202-17

これまでの様々な活動が展示されていました。

 

130202-18

身の回りのユニバーサルデザイングッズ。

目立たないところにも工夫されているのですね。

 

130202-19

車椅子の回転軌跡体験。

この写真の円の内側が、直径1500。

図面に「車椅子回転軌跡」として書き込む数値です。

体験してみましたが、恐る恐る廻ってみてもギリギリでした。

これが、建物内であると、ちょっとした突起もあるので、難しそうです。

設計する際には、定められた数値によるのではなく、

本来の目的を考えて、ゆとりを持たなければなりませんね。

 

 

130202-20

色覚障害の方の見え方。

色覚障害の方は、写真左側の色が、右側の色に見えるそうです。

添えられた眼鏡をかけて、色分けされた様々な文字を見せていただきましたが、

色によっては、まったく見えない文字がありました。

サインの色使いには気をつかわなければなりませんね。

 

130202-21

この後、この会場で、フォーラムの開会。

 

基調講演は、秋山哲男先生(北星学園大学 経済学部客員教授)による

「公共的施設におけるユニバーサルデザイン」。

たくさんの貴重なキーワードをいただきました。

 

・人権

~ユニバーサルデザインで最も大切なこと。日本では表面的な「デザイン」に収束してしまいがちだが、本来の目的を見失ってはならない。例えば、スロープは目立たない場所に設置するのではなく、利用しやすく分かりやすいところに設置すべき。~

 

ノーマライゼーション

~スウェーデンで浸透したのは、「悲しみを分かち合う」「極端な金持ち、貧乏人を嫌う」という国民性があるから。~

 

ジェロントロジー

~人間の老化現象、加齢変化を退行のプロセスとしてではなく生涯発達としてとらえ、高齢化を前向きに受け入れることを基本とすること。40歳から老化は始まるが、ユニバーサルデザインが「必要」とされるのは、50歳くらいからでよいのではないか。「ピンピンコロリ」できる生活、社会体系が必要。予防医学として「トレーニングジム」を用意する事例もあるが、それよりは、近所にお散歩に「歩き」「美味しいものを食べて」楽しむことの方が何倍も効力がある。~

 

・ロコモティブシンドローム

~ロコモティブシンドロームとは、運動器官の障害によって日常生活で人や道具の助けが必要な状態、またはその一歩手前の状態。誰もに起きる状態。予防対策も必要。~

 

・羽田空港や被災地の仮設住宅の事例紹介

~羽田空港でのコンシェルジェの大切さ。遠野市、釜石市の仮設住宅でのコミュニティの工夫。~

 

・世田谷区に足りないもの。

~色だけでなく、音や光も交えた分かりやすい「サイン計画」。子供や高齢者、孤独の方々、あらゆる人々のための「居場所づくり」。~

 

今年度の区の取り組みの報告、UDクイズ、講評と続き、終えられました。

 

今回、御縁があり、昨年9月8日からの4回にわたるワークショップと、

本日のUDフォーラムに参加させていただくことができ、

大変有意義な時を過ごすことができました。

 

ユニバーサルデザインに対する内容も然ることながら、

同じ目的を持って集まった、様々な年代、職業の方々、コンサル、

そして、区役所の方々にお逢いできた経験が、大きな財産となりました。

 

今後の生活、お仕事に生かしていけたらと思います。

 

ありがとうございました。

author:asuka  | コメント(4)

コメント

  1. 白井順二
    2013.2.28 12:14

    誘導ブロックの材質にやや問題があるのではないかと、先日気がつきました。雨に濡れると、ゴム底の靴だと滑りやすいようです。特に傾斜面に貼ってあるブロックは要注意。それと、球状のボツボツが表面についたブロックは何かの拍子に転んだ時、球状の頂点に当ると集中荷重が発生して、思わぬ怪我をします。私はこれで不幸にも大腿骨骨折となり、チタン製の人工骨頭をつけることになりました。身障者のための装置で身障者になってしまって、あれが球状である必要があるのか、いささか疑問です。

  2. asuka
    2013.2.28 13:22

    >白井さん
    それは大変でしたね!

    傾斜部分に誘導ブロックがあったことが、とても疑問です。
    すべての方に危なそうですよね…

    おっしゃるように、視覚障がい者のための誘導ブロックが、車椅子やベビーカー、自転車利用者に障がいになってしまう場合もあるようです。白井さんが経験されたように、雨天では滑りやすくなり、まわりの素材との違いが助長してしまいそうです。最近では、すべりにくい素材や、安全性の高いかたち、素材を合わせる鋲式のものなど、考えられているところもあるようですが、まだまだですね。

    設計に携わる側としては、設置する場所をよく見て、適切な素材、位置を検討しなければと思います。
    今回のワークショップを受け、改めて、何のために、誰のために、といった視点をもちつづけなければ、と思いました。
    貴重なご意見、ありがとうございました!

  3. 白井順二
    2013.2.28 17:17

    神戸のような坂の多い街では、傾斜地に誘導ブロックを貼らざるを得ない、という事情があって、問題に対応する前にとにかく貼ってしまえ、みたいなところもあったのかなと思います。阪急電車の北側からは、殆ど住宅地ですが坂は急になり、部分的には登るのも一苦労、下るのも要注意、といったところが多数あります。雪でも積もったら陸の孤島になるでしょう。

  4. asuka
    2013.2.28 17:28

    >白井さん
    そうでしたか…状況もわからずに失礼いたしました。

    斜面地の住宅地、アクセスは大変そうですが、景観はとても良さそうですよね。ハードでカバーしきれないところは、ソフトでカバーできるといいですね。

    雨天時、くれぐれも足元にはお気をつけください!

コメントをお願いします