アトリエイノウエ

  • 最新情報
  • プロジェクト
  • 概要/プロフィール
  • ご依頼から竣工までの流れ
  • blog
  • お問い合わせ
2013.1.27

ル・コルビュジェの家

今年初映画鑑賞☆

下高井戸シネマにて。

ル・コルビュジェの家

ル・コルビュジェが設計した、アルゼンチンの「クルチェット邸」を舞台に、

隣人との関係を通しての人間模様。

 

隣家の住人が、「クルチェット邸」に向く壁に穴を開けていることから始まる。

 

「ただ、太陽の光がちょっと欲しいだけだ」

 

窓を開けたいという。

 

この窓、クルチェット邸の開放的な窓の正面に、ドンと開いてしまい、

プライバシーがなくなるばかりでなく、

その意匠性が合わない。

 

ただ、窓を開けたいだけ。

 

相手がクルチェット邸で、そこに住む住民が、

世界的に有名なインダストリアル・デザイナーであったことで、

「ただ」ではなくなる。

 

隣人が壁に開けた窓は、

デザイナー一家にも風を通すことに。

 

クールな空間に、隣人の人間的な風が入ってきたのだが。。。

 

窓はまた閉じられてしまう。

 

 

ひとつの窓によって、すでにきしみ始めていた家族と自然を取り込み、

外に向かって開け放たれたクルチェット邸の物語。

 

大きな開口にそそぐ光と風、

スロープを行き交う人々。。

クルチェット邸も堪能させていただきました。

author:asuka  | コメント(0)

category: blog映画

コメントをお願いします