アトリエイノウエ

  • 最新情報
  • プロジェクト
  • 概要/プロフィール
  • ご依頼から竣工までの流れ
  • blog
  • お問い合わせ
2012.12.7

水仙

冬の生花。

水仙 二本生け。

七種伝の一つ。真の花形。

 

陰(冬)の花、水仙に限る生花。

 

冬をその季節とし、必ず一種生にし、他の物の添え物に用いない。

早春になれば、梅や柳等の根〆にしてよいのだそうです。

 

初めての水仙。

 

 

1本の水仙の袴、葉4枚、花を丁寧にはずし、

「真」と「副」は段組に、

「体」はちどりに。

 

出生を活かした形に。

 

 

外した袴に入れる時が結構大変。

水に浸しながら、元の位置に入れていく。

 

 

 

お稽古の時は、残念ながら開花していなかったのですが。。。

 

翌朝、こんな風に☆

 

 

 

銀のお盆に金の盃。

冷たく白い花弁と中央の黄色い花冠を見立てて。

「金盞銀臺」はこのお花の雅号なのだそうです。

 

水仙を見ていると、

背筋がピンと伸びる感じがします。

author:asuka  | コメント(0)

category: blog池坊

コメントをお願いします