アトリエイノウエ

  • 最新情報
  • プロジェクト
  • 概要/プロフィール
  • ご依頼から竣工までの流れ
  • blog
  • お問い合わせ
2012.11.24

Expand

現場の作業とともに変化し、量を増して。。。

川俣正さんの展覧会に伺いました。

 

馬車道駅。

 

このような駅の空間も、すっかり見慣れた景色となりました。

 

 

BankARTにて

 

川俣 正 Expand BankART

 

会場までのアプローチ。

 

展覧会会場へ。

 

1階 NYK hall

 

以前倉庫であったというBankART。

そこから発想されて、輸送用のパレットが用いられているそうです。

 

ホールとして利用される時、反響が大きすぎたというこちら。

川俣さんの作品が吸音効果になる!と、

こちらの作品はこのまま残されることになりそうだとか。。。☆

 

まだ未完成なのだそうです。

 

階段。

 

展示内容ではありませんが、こちらもなかなか見ごたえがあります。

 

2階ギャラリー。

UR都市機構が昭和30年代竣工の海岸通り団地の建替事業を推進していて、

(新築の高層建築は既に完成)、現在残っている建物群が解体されるそうです。

この建物に使われていた大量の木製建具等を川俣氏が譲り受け、

このようなインスタレーションにされています。

 

何十年も使われてきた建具たち。

新たな息吹を与えられて輝いています。

 

3階展示室。

柱の廻りに。。。ツリーハット?

 

その他、川俣氏の活動を表すたくさんの映像、展示。

 

この日は展覧会に訪れた人が誰でも参加できるという

レセプションが開催されていました。

 

幸運にも、川俣正さんご本人の口から

このプロジェクト、他に対する思いを

お聞きすることができました。

たくさんの聴衆たち。

 

今回見ることができた展示は、

本展示で予定されている作品のうちのごく一部。

これから1月13日の閉館まで、日々制作が重ねられ、

進化していくそうです。

 

 

最終的にはこんな感じになるそうです。

 

 

ということで、展覧会図録も未完。

3冊のうち残り1冊は、後日郵送で送られてくるそうです。

 

入場券も会期中は何度でも有効。

 

製作過程も含め、すべてがインスタレーションの一つ。

 

「見頃は?」

 

とよく聞かれるそうです。

 

「全て!」

 

なのだそうです。

 

ご挨拶の途中で、製作に関わったスタッフさん達も紹介されました。

とても和やかで、

現場の雰囲気が伝わってきました。

 

「Expand」

 

未完であることは様々な可能性を予感させますね。

完成?が楽しみです。

 

 

 

帰宅途中のみなとみらい。

キラキラでした☆

 

author:asuka  | コメント(0)

category: blog展覧会

コメントをお願いします