アトリエイノウエ

  • 最新情報
  • プロジェクト
  • 概要/プロフィール
  • ご依頼から竣工までの流れ
  • blog
  • お問い合わせ
2012.11.22

愛でる

 

観潮楼址でパッパ鴎外に触れてきました☆

生誕150年の森鴎外。

文京区では現在とても力を入れているようです。

その中でも、今年11月1日にオープンしたのがこちら。

 

文京区立森鴎外記念館

 

 

鴎外の住まいであった観潮楼のあった地に

建てられた記念館です。

 

表通りに対しては、閉鎖的な佇まい。

 

藪下通り側入口。

「観潮楼址」の碑。

佐佐木信綱氏による文字。

1950年、森鴎外遺跡として東京都指定史跡の認定を受けているそうです。

 

観潮楼門柱跡の敷石。

 

庭園通路にある、詩碑「沙羅の木」。

1954年、兄弟を代表して、長男於菟(otto)氏から文京区へ寄贈。

詩碑は野田宇太郎氏の発案で、作家の永井荷風氏に書を依頼し、

建築家、谷口吉郎氏の設計協力を得て制作されたそうです。

 

「三人冗語の石」の横にある大イチョウ。

 

5m程もある大きな扉を抜けて。。。

正面で迎えてくれるのは、鴎外の浮彫像。

1962年、文京区立鴎外記念本郷図書館の鴎外記念室開室に際し、

詩人の佐藤春夫氏、建築家の谷口吉郎氏、詩人の野田宇太郎氏の三者が発案し、

彫刻家の高田博厚氏に依頼して制作されたものだそうです。

 

1階エントランス入って左を臨むと、

右奥にカフェ、中央に3階図書室・講義室へあがる階段、

左に地下展示室へ降りる階段。

 

 

1階カフェ。

写真左側に、大イチョウのある中庭を臨めます。

 

階段を降りて展示室へ。

 

展示室では、開館記念特別展

「150年目の鴎外」が開催されていました。

 

■第一章 森鴎外

幼いころ~上京、東大時代~陸軍軍医へ~ドイツ留学~帰国後の活躍~観潮楼~小倉赴任~軍医総監~盛んな創作活動~退官~終焉

 

軍医として活躍する一方で様々な創作活動。

外的原因で、不条理なことが起きても、

常にポジティブな活動、意思が見受けられます。

 

「汝の血を冷(ひやや)かにせよ、汝の血を冷かにせよ、何れの場合なるを問はず、

怒(いかり)は人を服する所以にあらざればなり」

(「智恵袋」)

 

■第二章 観潮楼の日々

観潮楼~観潮楼歌会~文学活動

 

歌会には、北原白秋、齋藤茂吉など、当時の歌壇代表者が集ったそうです。

1909年2月6日の歌会で、各自詠まれた歌が展示されていました。

鴎外が詠んだ歌がとても美しい。

 

「文机(ふづくえ)の 塵うちはらひ 紙のべて

物まだ書かぬ 白きを愛(め)でぬ」

 

■第三章 パッパ鴎外

パッパ鴎外~杏奴ゆかりの資料~歴史抜書~奈良からのはがき~鴎外関係新収品~兵食について~鴎外の日記

 

父としての鴎外はとても優しかったそうです。

子どもたちによるパッパ鴎外の記述がとても初々しく

本当に、愛し、愛されていたのだと、

見ているこちらもあたたかい気持ちになりました。

 

 

 

「観潮楼」

 

当時は、少し高台にあるこの地、団子坂から

遠く海が臨めたそうです。

 

現代に蘇ったこの地で、

鴎外に思いを馳せながら、

これからの日本を臨んでいきたいですね。

 

author:asuka  | コメント(0)

category: blog展覧会

コメントをお願いします