アトリエイノウエ

  • 最新情報
  • プロジェクト
  • 概要/プロフィール
  • ご依頼から竣工までの流れ
  • blog
  • お問い合わせ
2012.11.10

歩く~千歳烏山駅周辺

 

世田谷区ユニバーサルデザイン(UD)ワークショップ

第3回目に参加させていただきました。

今回の会場は、烏山区民センター及びその周辺です。

 

烏山区民センターで集合し、千歳烏山駅前、給田へと、

皆さんでUDを探して歩きました。

 

烏山区民センター前の車止め。

烏山といえば。。。代名詞の自転車。

えるも~る商店街の歩道は、歩道側が色分けしてあり、

ツリーサークルが斜めにカットされています。

正式な自転車置場ではありませんが、

一時停車の自転車をこの場所に置いていただくための仕掛け。

文字のサインは全くないのですが、これにより、

歩道まで自転車がはみ出ることはなくなったそうです。

 

京王線 千歳烏山駅。

私がいつも利用している駅です。

皆さんでいろいろなUDを発見してくださいました。

 

踏切まちの解消のため、従前の駅の地下通路を残す形である「地下自由通路。」

線路向こうにわたるには、「踏切」「階段」「エレベーター」で選択します。

せっかちな私は大抵階段を利用しています。

 

構内案内図。

低めの高さに斜めに設置され、音声と点字により、誰にでも分かるようになっています。

券売機。斜めになっていて、荷物置き場もついています。

小銭の投入口は広く、タッチパネルで分かりやすくなっています。

最近はほとんどがこのようなタイプになりましたね。

 

千歳烏山駅南口 バス停留所。

屋根やベンチもついて、一般車両の通行からはずらした配置となっています。

数年前にこのように変わったそうですね。

 

バス停留所の向かいにある自転車置場とその前の広場。

奥にはトイレもあります。

角にあるベンチは、買い物途中に荷物の整理をしたり、待ち合わせをしたり、と

様々な人が常に座っています。

私もよく利用させていただいています。

 

自転車置場の壁面緑化。緑はやはり潤いをもたらしますね。

 

千歳烏山駅 北口 バス停留所。

旧甲州街道沿いにあるこちらは、ベンチも屋根もないので、

皆さん立ってバスを待ちます。

交通量があるので、若干怖い場所です。

 

今回は、公共交通の利用体験ということもあり、

みなさんでバスに乗り、移動しました。

道路事情により、時間に前後のあるバス。

最近では電光掲示板により、運行状況を流してあるバス停も増えましたね。

このバス停にはなかったので、利用者さんが、携帯電話のQRコードで

運行状況を調べてくださいました。

 

 

バスの昇降状況。

昇降側が低くなり、昇降しやすくなっています。

 

北給田で下車。

 

給田福祉園につづく~

author:asuka  | コメント(0)

コメントをお願いします