アトリエイノウエ

  • 最新情報
  • プロジェクト
  • 概要/プロフィール
  • ご依頼から竣工までの流れ
  • blog
  • お問い合わせ
2012.10.13

神無月の茶会

神無月のお茶会。

羽根木公園、日月庵・星辰堂にて。

羽根木公園といえば、「梅」ですね。

梅の季節には訪れたことがありましたが、

お茶室に足を踏み入れるのは、初めて。

 

若輩者の私ですが、何事も経験、と、

先生が連れて行ってくださいました。

 

 

世田谷区名誉区民で作家、井上靖さんにより命名された

日月庵」。

 

80万区民の住む世田谷らしく、大きく明るいイメージの意味だそうです。

一畳中板三畳のお席。

裏千家の薄茶席をいただきました。

 

 

そして、やはり名誉区民で画伯、高山辰雄さんにより命名された

星辰堂」。

 

日月庵の日月に対し、星辰とは星の位置が季節・時間の標準となる意味だそうです。

広間(8畳・10畳)と小間(四畳半)。

広間では表千家の薄茶席を、

小間では裏千家の濃茶席をいただきました。

 

小間では、初めて、にじり口からの席入りをさせていただきました。

空間がまったく違って見えます。

 

秋をあしらったお道具やお花、お菓子。

贅沢な空間で、穏やかにお茶をいただきました。

author:asuka  | コメント(0)

category: blog裏千家

コメントをお願いします