アトリエイノウエ

  • 最新情報
  • プロジェクト
  • 概要/プロフィール
  • ご依頼から竣工までの流れ
  • blog
  • お問い合わせ
2012.7.26

GLDK

住宅と電気自動車の融合☆

高層階の自宅から車に乗降が!

日経アーキテクチュア7/25より。

森ビルで検討されている電気自動車と集合住宅の融合。

技術的な課題の大半はクリアし、あとは法制面の整備を待つだけだといいます。

 

これまでの超高層マンションにあった、戸建住宅と比べての3つの課題。

①引越し作業や車からの荷物の持ち運びが面倒

②救急車両が自分の家のすぐそばまで移動できない

③プライバシーを確保しにくい。

愛車をより近くにおきたいという嗜好性を満たすことが困難。

これらが、電気自動車の普及により、一気に解決するそうで。。。

 

・自動車用のエレベーターと各住戸の専用のバルコニーをつなげ、自動車を運ぶ。

・足が不自由な人は住宅からバリアフリーでそのまま自動車へ乗り込むことができる。

・自動車がない時は、バルコニーだけが残り、戸建住宅にある車庫のように工作室として使うことができる。車庫と同じように床材をコンクリートにしておけば、水を使う作業も可能。

・電気自動車は排気ガスが出ず、騒音も引火の可能性も低減ができることから、防火区画や排煙設備といった法規制の緩和も期待でき、現実性が増してくるという。

 

電気自動車の普及で、都心でも車中心の生活が可能になるかもしれないですね。

さまざまな可能性があり、楽しみです☆

 

 

 

author:asuka  | コメント(0)

category: blog建築

コメントをお願いします