アトリエイノウエ

  • 最新情報
  • プロジェクト
  • 概要/プロフィール
  • ご依頼から竣工までの流れ
  • blog
  • お問い合わせ
2012.6.30

装う

原美術館☆。

杉本博司氏の展覧会が開催されていました。

ハダカから被服へ

 

 

写真家、杉本氏のフィルターを通して、

人類が被服を装う過程が映されていました。

 

 

「洒落本」とされた図録の装丁。

喜多川歌麿氏の「歌まくら」で覆われています。

 

 

有名デザイナーたちの作品もたくさん展示されていました。

特に印象的だったのが、こちら。

 

 

1940年代に発表されたアリックス・グレの作品。

 

華麗なる18世紀のロココ全盛の後のフランス革命時代、

ギリシャ、ローマ時代を思わせるハイウエストの新古典主義が流行。

それから一世紀以上も経って、グレはモダニズムの展開の中で、

古代ギリシャの美を再び復活されたといいます。

流行というものは、常に新しさを求めてさまようが、

その種が尽きてしまうと、振り出しに戻る傾向がある。。。

 

杉本氏により写された被写体は、

美しいドレープを映し出し、

また新たな美を醸し出していました。

 

何故、私たちは服を着るのだろう。

何故、装うのだろう。

知性を、嗜好を、表情を、仕草を。。。

 

渡辺仁氏により設計された、かつての邸宅であった、

光あふれる心地よい空間の中で、

杉本氏のフィルターを通して、

自分自身のフィルターを探す時間となりました。

 

 

author:asuka  | コメント(0)

category: blog展覧会

コメントをお願いします