アトリエイノウエ

  • 最新情報
  • プロジェクト
  • 概要/プロフィール
  • ご依頼から竣工までの流れ
  • blog
  • お問い合わせ
2012.2.6

敬う

 

昨日、一昨日に投稿したホームヘルパー二級の施設実習に関するブログ記事について

知人より、貴重なコメントをいただきましたので、下記にご紹介させていただきます。

(ありがとうございます!)

 

知人は、家族の介護を経験されており、

介護する側、される側の大変さを身をもって体験されています。

特に、対象が家族の場合は、介護する側も、される側も

「これまでこんなに元気だったのにどうして?」という思いがあり、

24時間暮らす中でのお互いの苦労は、並大抵のことではないと思います。

 

ホームヘルパーというお仕事は、このような家族の介護のお互いの負担を

少しでも和らげるべく、知人のように現場の声に耳を傾けながら、

施設や、デイサービスや、訪問介護等で介助することです。

忘れてならないのは、「自分が介護される側になったらどうされたいか。」ということ。

「目の前にいる方を尊敬する」ということ。

まだまだ未熟者ですが、このようなことを心に置き、過ごしていきたいと思います。

 

いつ、誰が介護が必要になるかは、誰にもわかりません。

高齢化だけではなく、事故や病気が起因となることもあり、

近い将来、自らが介護していただくことになるかもしれません。

「介護する側」「介護される側」双方の立場を考え、適切な行動ができるように、

身も心も備えていきたいと思います。

 

また、この考えは、「介護」に留まらないことだと思います。

私にとっての生業である建築や、日々の暮らしの中で、生かしていきたいと思います。

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

【知人からのコメント】

お疲れ様です

ブログを拝見しています。

二級のホームヘルパー研修で苦労しているようですね。

自宅でケアしている方から見たらまだまだですよ。

我が儘な方もいたり、

何もしない方がいたり

勝手な行動をする方、暴言をはく方、暴力を振るう方など

まだまだいろいろな方に会うことになるでしょう。

子供と違い体力あるから対処が大変になります。

そのかたの生きてきた生きざまを知ることも必要になることも

偉そうに言っているけど、

これは私の経験からの感じたことです。

お年寄りは敬意を持って接すれば間違いないです。

author:asuka  | コメント(0)

category: blogホームヘルパー

コメントをお願いします