アトリエイノウエ

  • 最新情報
  • プロジェクト
  • 概要/プロフィール
  • ご依頼から竣工までの流れ
  • blog
  • お問い合わせ
2012.1.19

バランス

心、身体、お仕事、友人関係、生活、デザイン、等々、

「バランス」を取るって難しいですね。

みなさん各々で、各々の心地よいバランスを取りながら

日々をお過ごしのことと思います。

 

そのバランス、崩れてしまったとき、

自分自身で立て直せる場合と、

誰かの援助が必要な場合とがあります。

その見極めを誤ると、取り返しがつかなくなってしまうことがあるので

気を付けなければなりません。

 

知人に、知らず知らずのうちにバランスを崩してしまった方がいます。

責任感も強く、周囲のことにとても気がつく方でしたが、

いつの頃からか、会社を休みがちになってしまいました。

勇気を持って心療内科に出向いたところ、「うつ病」と診断され、

会社の了解のもと、休職させていただいているそうです。

 

「うつ病」は、本人は頑張っているつもりでも、

傍目にはただ「怠けている」ように見えてしまう、難しい病気です。

 

「そんなこと言うけど、私だって嫌なことあるし、うつな気分なときもあるよ。

怠けているだけじゃない?」

 

通常、このように感じると思います。知人が患うまでは、私もそうでした。

誰でも、「うつ」な状態というのは訪れるのですが、

気分転換をすれば自力で治すことができます。

これが、自力で治せなくなってしまい、

「うつ」な状態が続いてしまうのが「うつ病」なのです。

これは、「怠け」ではなく「病気」であり、

通院と、休養と、服薬により、時間をかけて治さなければなりません。

 

身体の病気の時は、その精神力と体力に「頑張って」と声をかけてあげられるのですが、

うつ病は、「がんばらない」ことが治療法。

気分が悪い時は、一日中起きることができないのですが、

気分が良い時は、元気な方と同じように生活ができます。

ただ、気分が良い時に頑張ってしまうと、翌日に

「ドーン」と反動がきて、さらに気分が悪くなってしまうのです。

従って、離職や引越し等、生活を大きく変えることも御法度。

とにかく、ニュートラルな状態を保つことこそが治療法なのです。

これには個人差もありますが、本人が心地良いと思うのであれば、

近所の散歩や料理なども有効です。

 

とはいえ、突然休まれてしまいその仕事が割り当てられてしまった同僚や、

収入がなくなってしまう家族等、周囲の方々は、

「私たちがこんなに頑張っているのに、散歩とか料理なんて呑気に。。。」と

やりきれない思いもたくさんあると思います。

これは、社会で生活する上で当然のことと思います。

 

ただ、「こころの風邪」というくらい、誰でもかかる可能性がある病気です。

周りが何も言わなくても、

「周りに迷惑をかけてしまっている」「早く治らなきゃ」と

責任感が強い本人が一番思っているのです。

もし周りにこの病気の方がいらっしゃいましたら、

ぜひあたたかく見守っていただけたらと思います。

時間はかなりかかると思いますが、必ず治る病気です。

 

 

私もつい「頑張って!」と言いそうになるところをグッと我慢しながら

知人を陰ながら応援したいと思います。

回復した時には、きっと、

誰よりも人の痛みが分かる人になっていると思います。

 

堺雅人さんと宮崎あおいさんの映画、「つれがうつになりまして」は

うつ病患者と、その家族について、とてもよく描かれており、参考になります。

うつ病に興味がなくても、理想の「夫婦像」がそこにはたくさん詰まっています。

もし宜しければ、ぜひご覧ください☆

 

 

 

author:asuka  | コメント(0)

category: blogその他

コメントをお願いします