アトリエイノウエ

  • 最新情報
  • プロジェクト
  • 概要/プロフィール
  • ご依頼から竣工までの流れ
  • blog
  • お問い合わせ
2012.8.29

継ぐ

代々に渡って住み続けられる住まい、素敵ですね☆

実家の母より連絡がありました。

傷んだ瓦屋根を一部葺きかえるとのこと。

 

実家は、長男である父が幼少の頃できたもので、50年以上経ちます。

祖父母が持っていた山の木を乾燥させ、吟味をして、作り上げた在来木造家屋。

敷居、襖、床板、床柱。。。と、祖母から、

その材質の意味や使われ方などよく聞かされました。

 

木製窓や雨戸がアルミになったり、

瓦屋根にソーラーや室外機が乗ったり。。。と

時代に合わせてやむ無く表情も変わってきましたが、

つくりは全く変わらず、丈夫です。

 

これもきっと、日本の風土にあった建物だからなのでしょうね。。。

 

断熱はなく、すきま風がビュービュー入ってきたり、

土間との段差が大きく、高齢になると厳しそうなところもありますが、

このまままだまだ長生きしそうです。

 

さらに長生きさせるための今回の改修。

瓦屋根、といっても、かなりの面積があるので、いろいろ大変です。

工務店さんや職人さんも少なくなってきたと聞きます。

 

少しでも長く継ぐことができますように。。。!

 

author:asuka  | コメント(0)

category: blogその他

コメントをお願いします